第21回みやぎ木造住宅コンクール実施要領

1 目的

スギ材等の地域材(県産材)を使用して建築した快適な生活ができる家、丈夫で長持ちする家等の優良な木造住宅を広く募集し、木造建築の良さと木材が環境に優しい素材であることを理解していただき、住宅への木材の活用を促進するとともに、地域材の需要拡大を目的として開催する。

2 主催

宮城県木材協同組合

協賛(予定)
宮城県木材需要拡大協議会
後援(予定)
宮城県
(一社)宮城県建設職組合連合会
宮城県木材同友会
「地域優良住宅」在来工法の会
みやぎ材利用センター
(一社)宮城県建築士事務所協会
日刊木材新聞社

3 応募要件

4 応募方法

5 審査

応募住宅について、別に定める審査基準により、1次審査(書類審査)、2次審査(現地における外観及び内観審査)を行う。

6 表彰対象の選定

応募住宅の中から次のとおり各賞受賞住宅(施主、施工者、設計者)を選定する。受賞者には賞状及び記念品を贈呈する。

なお、最優秀賞には、宮城県知事賞が授与されます。(予定)

7 審査結果の発表

令和元年12月下旬までに本人に通知する。

8 表彰の実施

表彰式は令和2年2月下旬に行い、各賞の賞状等を贈呈する。

9 その他

附則
この要領は、令和元年度の木造住宅コンクールに適用する。

ページの先頭へ